• トップページ
  • 会社概要
  • 分離型ユニットバス
  • 施工の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問

HOME > オーナー様と考えるバスリフォーム

オーナー様と考えるバスリフォーム

賃貸マンション・アパートの入居率低下が顕著になってきていませんか?
それとは逆に賃貸思考ニーズは確実に増えています。住みたい物件、住みたくない物件がはっきりと二極化しています。

今迄のようなクロスの貼り替えや機器の入れ替えなどの原状回復工事だけではなく、そこで生活することが楽しくなるデザインがあれば『住みたい!借りたい!』に繋がり、デザインで付加価値を付けた部屋=資産価値向上になります。 地域のニーズ(年代・家族構成)を考慮に入れデザインした物件は立地条件・築年数がマイナス要素であったとしても 入居率を上げることは可能です。

リフォームによる賃貸資産価値UP

<今までのリフォーム(原状回復)について>
基本的には今までの間取りや内装を変えずに、汚れた部分や痛んだ部分を表面的に補修・貼替えなどするほか、人気の低い和室をフローリング調の素材を貼って仕上げるなどの一部洋室に転向する程度が主流です。
確かに綺麗にはなりますが、襖や引き戸、敷居等には昔の和室のイメージが残り、新しい魅力は感じられません。

オリナスならではの解決法

当社では、このように問題を解決いたします!

  • 築年数が古くても外装が綺麗であったり、清潔感などがあれば、築年数は十分に補えます。
    外装の工事も是非、ご相談ください。
  • 立地条件が悪くても、ニーズの生活スタイルに合った間取りや   デザイン性があれば入居者は必ず見つかります。
    弊社ではマーケティングデータを活用してその地域の平均所得・家族構成・年齢層などを考慮にいれターゲットを明確にします。
  • 原状回復工事も勿論間違いではありませんが、なぜ退去されたのか、から検討し物件のマイナス要素を検証します。
    そのうえでオーナー様へマイナス要素を無くし、付加価値の着いたプランをご提案させて頂きます。
  • 管理会社に任せっきりにするのではなく、オーナー様自身もどんな工事をするのか把握されていた方が宜しいかと思われます。工事内容を把握し、「任せられない」と思いましたら弊社へご連絡ください。
    資産価値を下げる事の無いプランをご提案させて頂きます。
  • 是非、弊社にお手伝いさせて下さい。
    弊社には今まで培ってきた賃貸リフォーム・デザインリフォームのノウハウがあります。
    各地域のニーズに合わせたリフォームをご提案させて下さい。
  • 弊社にお任せ下さい。ゆっくりとオーナー様に分かりやすくご説明させて頂きます。
    勿論、『付加価値の付いた魅力的な部屋』についてです。
  • 弊社の根本的なコンセプトになりますが 『お客様の視点で住まいを良質な空間へ創造するお手伝いをさせて頂くこと 』です。住み心地の良く、住まい勝手の良い部屋は必然的に長く入居されると私たちは考えております。

オーナー様の『リフォーム費用』について

3点ユニットバスをリフォームしたいと思った時、一番の問題は費用です。
リフォーム費用というのは実態が見えにくいものだし、かけようと思えば際限ないものだから。
アパート・マンションを経営するオーナーとしては、リフォームは投資。
リフォームにかけられる上限金額、つまり投資上限額を決めておくのも手。その方法の一例を提案したいと思います。

リフォーム費用を、リフォームによって見込める家賃アップ分で回収する

・リフォームをしていくらの家賃アップを見込めるか
・家賃アップ分でリフォームの費用を何年で回収するか
という2点を明確にし、リフォーム費用を逆算する。

【例】 家賃への反映のページで、入居者の「バス・トイレ別」に対する許容平均額(賃料アップ許容額)は
だいたい8,000円だという調査結果がありました。それを元にすると、

(※)空室率、経年による家賃ダウン等を考慮すると、回収期間は短いほうがベター。
これはあくまで机上の理論であって、目安とする方法です。
余計な装飾に目を奪われ、費用をかけ過ぎないよう心がけたいものです。

当社の「オリナス」は、1タイプのみではございません。
間取りや好みに応じて6タイプのバリエーションを持たせることが可能です。

これにより、ほとんどのマンションの間取りに対応した、利便性の高いユニットバスとしてお使いいただく事が可能となっております。
もちろん、部屋毎に違うバリエーションで設置する事も問題ございません。

モデルルームもご用意しておりますので、ぜひとも当社へ一度ご相談くださいませ。

よくお聞きする空室を解消する対策、本当に大丈夫ですか?

<賃料の値下げはよく考えて>
賃料の値下げをすると入居者の質が低下する恐れがあります。
例えば、10万円を払える入居者と5万円払える入居者では、社会的地位・所得・職業が異なってきます。
これはほとんどの入居者に当てはまる事実です。 弊社でも数多くのオーナー様からヒアリングした結果、
家賃の低下は入居者の質の低下を招くという事を 導くことができました。

また入居者の質の低下に伴って、家賃の滞納率が高くなることや近隣の方々とのトラブルの元になることも予想することができます。オーナー様はこうしたことにも頭を悩ませる状況になるかもしれないのです。

<バランスの良くない室内リフォームで逆に印象が悪く…>
『原状回復とは別に改装を行ったのに入居者が決まらない』とおっしゃるオーナー様が時々いらしゃいます。
部屋を見せて頂くと、「仕方ないな」と思う事があります。
和室の雰囲気を残した洋室やクロス等は綺麗だけど建具や窓枠の傷や色ハゲはそのまま など、
アンバランスなお部屋が多々見受けられました。内見された方も私と同じ様な印象を持ったのではないでしょうか?

WEBカタログについて

WEB上から読む事のできるオリナスのカタログファイルをご用意しております。
具体的な寸法や、その他通常のバスルーム・ユニットバスに付きましても掲載しておりますので、ぜひご覧ください。


このページのトップへ